上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月11日の東京株式市場でシャープの終値が先週末よりも68円安い190円となったことが、12日の朝日新聞で報じられた。
一時は80円安の178円まで値下がりするストップ安となったのだが、その後に値を戻している。

ストップ安になったのは、1,200億円以上ある資本金を1億円まで減資する方針が市場に伝わったことが理由とされている。
スポンサーサイト
6月第2週から、新聞各紙で、安倍政権が3年で法人税の実効税率を20%台まで下げる方針を固めたことが報じられている。

法人税の実効税率とは、法人の利益に対して課される法人税、住民税、事業税の税率の合計のことだ。自治体によって差はあるが、東京都の場合だと、2014年6月時点では約35.6%となる。

欧州やアジアでは、実効税率が20%台だ。日本も同水準まで下げて、日本企業が税負担の重さを嫌って海外に移転するのを防ぎ、また、海外からの国内への投資を増加させる狙いがある。
6月3日付の朝日新聞で、4年連続で船井電機の純損益が赤字になったことが報じられた。

船井電機と言えば、大手と差別化を図り、安い電化製品で成長を続けてきた企業というイメージがあるが、ここ数年は苦境に立たされているようだ。同社の最近の不調がどのあたりにあるのか、2014年3月期の決算短信と2013年月期の有価証券報告書をダウンロードして、経営成績を少しばかり分析してみた。
5月14日にソニーが発表した2013年度の決算は、最終損益が1,283億円の損失となり、2014年度も500億円の赤字予想であることが、新聞各紙で報道された。

同日の産経新聞によると、「パソコン事業の売却に伴う特別損失やDVDやCDのディスク製造事業の低迷などが響いた」ということだが、これだけだと、具体的にどの程度の影響があったのかがわからない。そこで、筆者は、ソニーの2013年度の決算短信と2011年度及び2012年度の有価証券報告書をダウンロードして、その内容を分析することにした。
5月14日付の朝日新聞で、ハム・ソーセージ大手4社の決算内容が掲載された。

4社とも、売上高は前年度よりも増加しており、一見すると堅調に思える。しかし、この増収は、原材料価格の高騰による値上げの影響も含まれているので、売上増に貢献した他の要因も各社の決算短信から拾ってみることにする。
5月9日付の朝日新聞で、ヤマダ電機、エディオン、ケーズホールディングス(以下ケーズHD)の2014年3月期の決算内容が掲載されていた。

節電や消費税増税前の駆け込み需要などの影響が大きそうな業界だけに、大手3社の1年間の経営成績をこの機会に見ておくのも無意味ではないだろう。
4月15日付の朝日新聞で、被監査会社の不正を見たと回答した公認会計士が約半数に上ることが報じられた。

これは、14日に日本公認会計士協会が公表したプレスリリースが出所で、会員登録して10年以上の公認会計士約1万3千人に実施したアンケート結果だ。回答したのは約1,000人ということなので、回答率は高いとは言えない。
3月19日の朝日新聞の記事で、2014年4月の消費税引き上げ時にどの商品やサービスが税込金額でいくら値上げするかといった情報が掲載されていた。

当然のことながら、掲載されている商品は、ほんの一部だ。だから、当該記事に書かれている値上げする商品やサービスだけを見て、全体を理解した気になるのは危険である。しかし、参考になる情報に違いないので、少しばかり、当ブログで紹介しておく。
12月19日午前7時過ぎに王将フードサービスの大東隆行社長が何者かの凶弾に倒れた。大東社長は、間もなく息を引き取ったということだ。ご冥福をお祈りする。

筆者も王将には、学生時代だけでなく社会人になってからも、何度もお世話になった。中学生時代は、焼き飯が250円で、有り余る食欲を満たすのに大変重宝したものだ。学割定食も、ボリューム満点で、1,000円札でお釣りがくる良心的な値段設定だったことを覚えている。

事件当日も全国の王将は、いつも通り営業をしているということだ。きっと、これからも大東社長の経営哲学は、経営陣や従業員の方に受け継がれていくことだろう。

それにしても、この事件後の同社の株主の動きには、失望するものがある。
アベノミクス効果もあり、2013年は、まずまずの景気回復と言える。そういった景気の好転から来年の春闘では、ベースアップ(ベア)の期待が膨らんでいる。

12月9日付の毎日新聞では金属労協が1%以上のベースアップを要求する方針であることが報じられた。また、7日付の産経新聞では、電機連合が4,000円以上のベースアップを要求する方針ということだ。他にも各労働組合が春闘でベースアップを要求するようで、賃上げの期待が高まっている。

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。