上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月下旬になって日経平均株価が1万8千円台まで急激に値下がりした。ちょっと前まで2万円を超えていたのに下がると、あっと言う間だ。

現在の株価下落の原因はやはり中国にあるのだろう。
スポンサーサイト
8月1日に甘利TPP担当大臣が、TPP交渉について大筋合意が見送られたと発表し、これを新聞各紙が採り上げた。

今回の会合で決着がつくだろうと思われていたが、突如、ニュージーランドが立ちふさがったのだ。ニュージーランドは、日本に対して乳製品の関税引き下げを要求、また、医薬品についても新薬の保護期間の短縮を求めてアメリカと対立している。

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。