上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月2日午前に日本、ロシア両政府は初めての外務・防衛担当閣僚級協議を開いた。この協議でロシア側は、日米のミサイル防衛システムが、アジア太平洋の戦略的バランスを崩すとして懸念を示した。
協議には岸田文雄外相と小野寺五典防衛相、ラブロフ外相とショイグ国防相が出席。日本側には、両国の協力関係を経済にとどまらず安全保障にも拡大したい考えがあるようだ。

岸田外相はロシアの理解を得られたことを強調したが、ロシア側は日米のミサイル防衛システムに懸念を表明しており、今後も追加の協議の場を設けることを日本側に要請した。

今回の協議では、両国の思惑がかみ合っていない印象を受ける。安全保障については、デリケートな問題でもあるので、今後とも慎重な協議が必要だろう。どちらんしても両国にとってメリットの大きい協議となることを願う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。