上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大相撲の元朝青龍が11月2日にモンゴルのウランバートル市内で開かれてたパーティで乱闘事件を起こしたことが報じられた。
氏は、乱闘事件について全面的に否定しているとのこと。パーティ参加者に殴り掛かったところ、サラダナイフで反撃を受け顔を負傷したともいわれているが詳細は不明。

どうやらハロウィンパーティが10月31日から開かれていたようだ。11月2日まで続いていたというのだから酒量も多そうだ。しかし、今回の乱闘はまだ噂の域を出ない。大相撲ファンにとっては、元横綱がこういった乱闘事件を起こしたという噂は信じたくないところだ。誤報であることを祈る。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。