上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米の減反政策が5年後に廃止されることが明らかとなった。これにより米の収穫量の増加が見込まれるが、果たしてそううまくいくのだろうか?
現在、減反に協力している米農家には10アール当たり1万5千円の補助金が支給されているが、来年からは半額の7千5百円に減る。ただし、減額される補助金は定額部分だけであり、販売価格が平年価格を下回った場合に差額を補てんする変動部分は従前どおりのようだ。

減反政策の廃止により、米の収穫量が増加することが期待されるが、消費者のコメ離れを食い止めることができるかは疑問。特に生活習慣病の原因が、米、小麦などに多く含まれる糖質であることが、医療の現場で指摘されていることから、5年後には、多くの消費者がそれを知ることになっているかもしれない。

米農家は、今後、栽培作物の選択を迫られることになるだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。