上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
精密金属切削部品加工のヤマトが、果物の内側をかき回してジュースを作る斬新な機械を発表した。1台35万円とのこと。
この機械は、ミキサーのように機械の上から果物を入れ蓋をして回転させるものとは違い、果物の芯をくりぬいて、そこに機械の一部を差し込み、内側をかき回してジュースをつくるというものだ。

ユニークな発想でこれまでにないタイプの機械であるが、果物の芯を事前にくりぬく手間が必要なので評価が分かれそうだ。ただ、果物の中を削る機械というのは世界初ということなので、新し物好きの店長が経営する飲食店なら、すぐに導入しそうではある。

特許申請もしているということなので、人気が出れば、売上の大幅な伸びも期待できそうだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。